仙台の旅 その4



仙台の旅2日目、いよいよ政宗の眠る瑞鳳殿へGO!

まさに豪華絢爛、英雄のお墓です。昭和の頃に政宗のお墓を掘り起こし、発掘調査をしたんですよね。そのままのお骨が出てきたんですよ。凄いの一言。お骨や兜、刀、胴巻きなど保管状況も良好で、昔ってそんな技術も凄かったんですね。政宗が英雄だったということが、こんな保管状況一つでも解ってくるんですよね。政宗は162cm、B型だったんです。現代においてそんなことが解るなんて生々しくてびっくりします。

DSC_0307

金沢の前田家も同様で、文化を重んじる武将の都市って今でも栄えていて凄いんですよね。文化が華やぐと良い人材が集まる、集まった人々はそこで先祖を残す、やはり人生ってそんなことの繰り返しなのかもしれませんね。人間も同じですよね。嫌な人の所には絶対に良い人材は集まりませんからね。日本が観光立国となったのはこんな文化があったからでしょうね。後世に残せるって本当に難しいことだと思うんですが彼らは何気にやってのけてしまうんですから本当に凄いの一言だと思います。

話は戻って、次はいよいよ仙台の青葉城跡に登ります。登りますってレンタカーですけどね。坂の途中で早くも渋滞、午前中だったんですが凄い人気です。頂上の駐車場に到着し中学生以来の政宗像にご拝謁、テレビでみるまんま、格好良い、立派の一言です。仙台の街が一望出来て、広瀬川が近くに流れていてまさび美の感覚ですわ。

つくずく思うのは、太平の御世の徳川時代にこんな山城を建てるなんで世間で言われてるようにまだまだ天下を目指していたんでしょうね。何か本当に政宗って格好良いですね。

更に5月だったので新緑が美しくて、、、しかし青葉城というだけあって青葉が目に沁みました。こんな緑をみたのは生まれて初めてかな。どこへ行っても緑、緑でした。

さあ次はいよいよ秋保温泉に日帰り露天風呂に入ってまいります。

今日はこの辺で失礼します。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です