鬼が行きかう世間、渡り切るのが人生さ!口が達者な人ほど注意して!



今日は僭越(せんえつ)ながら私流の人の見抜き方をみなさんにお伝えします。

「鬼が行きかう世間、渡り切るのが精一杯」

世の中、渡っていくのは時に大変ですよね!

自分の回りには普段から私を激励してくれたり、色々なことを教えてくれる人もいたりして、やけに良いことばかり言ってくる人もいます。

 

時々、みなさんも「この人の言うことって本当かな、どこかで梯子を外すのでは、、」なんて思うことってありませんか?

私はよくそんなことを思うんですよね。

 

ではどうやってその人の真髄を見抜くことができるのか?

 

答えは簡単です。

その人の行動をみれば一目瞭然です。

どんなに良いことを言っていても行動が逆であれば、その行動こそがその人の普段思っている真実です。

やはりよきも悪きも人に興味を持ち、その人の立場に立ってみることですね。

(※画像:明日を見抜くあひるちゃん)

会社でも「俺はあと少しで辞めるよ」とか言う人っていますよね。大体嘘のことが多いと思います。

そう言って回って、回りの反応を見てる弱い人に多いと感じます。回りの人達が「辞めたら困る、辞めたらみんなどうなってしまうんですか」なんて言おうものなら大満足ですね。

 

今日は自分流の人の見抜き方について解説してみました。

みなさん、口の達者な人には騙されないようにくれぐれも注意をしてくださいね!

口が達者な人ほど、嘘をつく人が多いですからね。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です