絶えないパワハラ問題!レスリング世界王者の伊調馨選手までもが!



6月に記載したパワハラについて反響が大きかったため第二弾を掲載してみようと思います。

前回をおさらいをすると、こう書きましたね。

パワハラをする人は、

私が考えるに現在の正しいマネジメントを勉強してないんだと思います。

昔の武勇伝を語る人がよくいますよね、

「昔は上司にどなられた、何かで叩かれた、その厳しさの中で仕事を獲得してきた」とか自慢げに話してる人、あれって今の20歳代前半の人が聞いたら殆どしらけちゃうんですよね。そう、全然響いてないということです。

理由は、現代の人はそんな教育を受けてきてないので、ギャップを感じてひいてしまうんです。

こんな感じでした!

あの世界一のレスリング女子の伊調馨選手でさえ栄和人監督にパワハラを受けていたんですから凄い事実ですよね。

栄監督は愛情たっぷりで接していて何かがあって、それがパワハラという形に変化していったのでしょうね。詳細は定かではありませんが、そこにパワハラという気付きはなかったのでしょうね。

愛情とパワハラ、、、好きと嫉妬って紙一重ですね。

その種のパワハラもあるのでみなさん本当に気を付けてくださいね。行き過ぎるとダメなんですよね。

何につけてもパワハラについて甘くみずに、しっかり勉強することが肝要だと思います。昔のやり方は通用しませんよ。

 

 

先週25歳の人にこんな話を聞きました。「社会人になりたての頃、上司に叱られて悩んで最初はずっと泣いてましたが、今の若い人は(20歳位)私達なんかより更にメンタルが弱いのでパワハラなんてされたら一発アウトですよ」

はっきり言ってびっくり仰天でしたね。25歳と20歳でまた異なるんだなと!これも勉強不足でした。

要するに25歳と20歳の世代では、教育が違うんですよね。ゆとり教育からすまし世代とでもいいましょうか!

これだけ世の中が変化しているので、パワハラ撲滅のためにしっかり勉強していこうではありませんか!!

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です