「歴代の朝ドラ No1女優は波留 歴代のNo1主題歌は365日の紙飛行機」で決定!



朝ドラのファンの私です。

帰宅後、深夜でも毎日必ず朝ドラをみてます。

 

某調査で読者を対象に「歴代最高の朝ドラ女優」についてアンケートをしたそうです。

1961年の開始以降、1位に『ひよっこ』(2017年)の有村架純、2位に『あまちゃん』(2013年春)の能年玲奈(2016年、のんに改名)がランク入りしました。

3位に食い込んだのは、シニア世代の読者から圧倒的な支持を得て『おはなはん』(1966年)の樫山文枝だそうです。

4位は『とと姉ちゃん』(2016年春)の高畑充希、5位『まれ』(2015年春)の土屋太鳳と近年のヒロインが続いたそうです。

 

朝ドラファンのみなさん、この結果どう思いますか?もちろん世代によって異なりますよね。

私的には、1位が「朝がきた」の波留ですね。あまり売れていない時にぱっと朝ドラに出てきて、めちゃ巧かったですよね。その証が朝ドラ後もドラマに引っ張りだこです。

2位は「マッサン」のシャーロットですね。ニッカウヰスキーの創業者のマッサンと共にウヰスキーを造ってきた魂のある演技が私の中で今でも健在です。

3位は「とと姉ちゃん」の高畑充希です。やはり一言で言って「巧い」です。顔で売るより心と技で演じてくれました。

 

では次は私の中の主題歌です。

1位は「365日の紙飛行機」AKBです。なぜ朝ドラにAKBと思ったのが事実ですが、あれでぐっとAKBが近くなりました。さすが国民的グループですね。

2位は「麦の唄」です。中ゆきは凄い。マッサンに合わせて作曲した歌で、なぜ私が朝ドラの曲に選ばれたの?と何度も思い、作るのに相当に気合を入れたそうですよ。

3位は、「花束を君に」です。さすが宇多田ヒカル、初めて聴いた時に既に感動しました。ご自身の母親の死を歌った曲というところからも本当に深みがあります。

 

だいぶ市場の調査と私自身開きがありますが、この世の中を励まし勇気づける朝ドラは日本の至宝です。

これからもたっぷりと朝ドラを愛し、応援し続けたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です