知床半島の秘密発見!!知床遊覧船から見たものとは!?



北海道、道東は興奮の連続!

 

さあ、オホーツク海沿いを車で走らせ、いざ知床へ!

おっと、その前に車窓に広がったのは、「オシンコシンの滝」です。

国道沿いに、こんなドデカくて雄大な滝が見れるなんて、まさに道東みよりにつきますな!

近くまでいくと水しぶきが、降りかかってきますが、そこは夏の北海道、快適快適。

オシンコシンの滝

気温は20度位なので、東京で36℃の所を歩いているかと思うと、天国じゃー!

本当に道東は壮大なロマンです。

 

車を走らせること、15分、ありました、「知床半島遊覧船乗り場」。雨風が吹くと中止になることも多いのですが、今日は風もなくきっちり動いてましたぞ。

良かった~(笑)

乗車した遊覧船

1時間半のコースを選び、知床半島巡りを開始、、、運がよければ野生の熊が海沿いに水を飲みにきているらしいので、

見付けるのに必死ですわー!

半島は壮大で、度々滝が流れていて、普段の生活は一瞬にして忘れましたね。それが旅であり、北海道なんでしょうね!

遊覧船から知床半島を望む

こうして世界自然遺産の知床半島を船で巡るなんて、信じられませんね。

 

最近よく思うことがあります。

人間は、便利になりすぎてしまい、何を求めているのか分からなくなってしまっているような気がしますね。

ゆっくり時が流れて、自然を楽しむ、

そこに心の余裕が生まれ人に尽くせる、やはり人間の神髄はそこですね。

早くやらなくても良いので、もっともっと楽しめて世の中に尽くすべきだと思います。

 

知床の雄大さに触れ、こんなことを改めて心で見れた知床半島でした。

 

ところで一時間半、回りましたが熊には出会えなかったなー!

※知床半島

 

さあ、知床五湖を見に、更に知床の奥へ奥へ!

車を走らせること20分、

「いたいた、野生のキツネだー」、、、凄いですねー。

国道に会いにきてくれた「野生のきつね」

ここは人間とある意味、野生動物が共存してるんですね。きつねなんて感動しましたわー!

 

さあ、知床五湖と知床連山に到着しました。

これまた凄い、力強い山脈です。池は神秘的で美しく、連山は壮大にして寛大!

「うおー、これが北海道、道東やんけ^」

知床連山

知床五湖

本当に一日が速く過ぎて、その後は宿泊の宿へ向かったのであります。

今日のホテルの御馳走と温泉が楽しみです!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です