上司に怒られた時「上司の心の拳をどう下げさせるのがベストか!?」



部下や後輩に怒りをあらわにし、皆の前で罵倒する上司が五万といる。

更にそれが本部長クラスであると尚更品位を疑ってしまう。

自分の感情を抑えることができないのか、指導の一環でやっているのか、、、

定かではないが、面前で罵倒するということは、感情の場合が多いと思う。

つまりこれはパワハラであり、特に現代の若手社員が一番嫌うことであり、殆ど教育にはなっていないケースが殆どである。

ケースは色々とあるが、罵倒されている社員がその場で謝っていても、罵倒を続ける上司も少なくない!

 

なぜなのか?こんなことが考えられる。

・部下から納得のいく返答がない ・謝罪すれば許されると思っていることに怒っている

・毎回同じ指導をしているが改善がみられない

部下が悪い場合も多いのも事実だが、まずはコミュニケ不足があることが圧倒的だと思っている。

 

答えはいくつもあるだろうが、一番厄介なのが、上司の妬みの場合である・・・・・

実は部下に対して妬みで怒っていることが場合が非常に多いのである。

その場合、特に挙げた拳を下すことができない上司が多いので、もし自分が怒られている立場の人なら、まず妬みが絡んでいると思ってみた方が良い。

上司の心の拳を下げさせるのに一番良いのは、妬みを解くことであると思う。

 

<考えられる嫉妬の例>

・自分が誘われていない ・自分に報告がない 

・自分の嫌いなグループと直近で仲良くしていた

 

上司側は部下の良い所をみて育てていれば、必ず部下は寄ってくるので、部下に嫉妬などすることなく、自分自身を育成するのが一番よさそうである。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です