未だにパワハラを止められない上司達の思いと行く末とは!?



パワハラ防止が大々的に叫ばれている中、未だに自慢げにパワハラをする

幹部がいるんですよね!

最近のスポーツ界のパワハラ問題はみなさんよくご存じのことと思います。

 

「訴えたもの勝ちだ」なんて声も聞こえてきますが、みなさんその意見は

いかがでしょうか?

恐らく賛否両論あると思うし、年代別や立場でまた異なると思いますね。

前からパワハラじみた教育を行ってきて成功しているので、現代社会でも大丈夫だ、

と思っている上層部や指導者、監督はいると思います。

確かにその考えはありますが、私的には、、

「No」ですね。やはりパワハラは改善した方が良いと思いますよ。

「酔っ払い運転が絶対にいけないことと騒がれているのに、見付からなかったから大丈夫」

と言っているように聞こえてなりません。

本当に怖いことですね。

 

パワハラをしている人は、こんなことを思っているのでは・・・

☆自分はパワハラをしても大丈夫

☆自分ならパワハラは許される

☆自分が怒っているので仕方がない

☆ある程度圧力をかけないと気が引き締まらない

 

こんなとこだとも思いますが、今の若手は、絶対「No」ですよ。

パワハラは、やられている本人は勿論、回りがみな嫌なんですから、これに気づかないんですね。

 

これから若者が少なくなる社会、パワハラ野郎には絶対に良い人材はついてこないと思います。

会社自体の損失だと思います。

 

これからの社会は、副業時代とかAI時代とか色々と言われてますよね。

それらの時代を先読みし、部下に教えられる上司が求められると思います。

みんな知りたがっていると思うし、教えてくれる上司ってなかなかいないのが現実なんですよ。

パワハラをやっている暇があったら、未来を若者に語ってほしいですね。

叱って圧力ばかりかけているくらいなら、部下に考えさせて語らしてほしいものです。

 

上司に豆にペコペコ報告を入れてご機嫌とりをするのは、お上手ですが、

なかなかパワハラを治すことができない、上司先輩方、しっかり考えて学んでください。

 

これから求められる上司は間違いなく未来を語れる人です。

私もそれを目指して頑張るつもりであります。

みんなで「パワハラを撲滅しましょう」!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です