部下後輩に信頼されたいあなた その決め手となる最初の第一手とは?



部下に信頼されたいなら、

まずは信頼されたいと思わないことです。

人間は結果的に信頼された結末が一番良いのです。

 

上司からの指示で下に従わせるTOPダウンをするのは、幹の部分だけで

枝葉の部分は、部下に考えさせるのが一番良いと思います。

何度もこのブログでお伝えした通り、現代の若者の教育は

パワハラ系を悪として教育してますので、私から言わせるとTOPダウンは

現代では古いものになっています。

 

ではどうずれば良いか、、、

 

まさに人間オーダーメイドです。

部下後輩としっかり話し、一人一人の個性をしっかり知ることだと思います。

具体的に言うと、

☆強みを知り強みを活かす ☆長所を知り長所を活かす

☆弱みや短所を把握する

 

まずはこれに尽きると思います。

そして、ある程度でよいので適材適所に人を配置し効率性を

上げます。

そのことで何が起きるか???

 

部下や後輩は「仕事が楽しくなります」

 

私の持論は、仕事は誰からも支配されることなく、楽しくやり

結果を残すことだと思っているので、楽しくやらせることが、

何よりも肝要だと思います。

 

そのことで、初めて上司と部下の信頼関係が生まれると確信しています。

自分を知ってくれた上司に感謝し、生き生きと仕事をしてくれる部下を好きになります。

 

こんなこと一つでも意識して部下や後輩に接することで、社内は明るくなり、

良い環境の職場が築けるのではないでしょうか。

私は、常に友人でも良いところをみて、付き合っています。

 

みなさん、良い環境作り、頑張っていきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です