ゲッ、行きたくもない飲み会に誘う古~いタイプのパワハラ上司!



後輩の友人から、未だ上司から飲み会に誘われて

それが断りずらいと愚痴をこぼされた。

本当に古い上司は困る。

 

会社に飲み会に行っているのか、パワハラしに行っているのか分からない。

たちの悪い上司だ。

 今の若者はそれが一番嫌なんですよね。

それを理解してるかしてないか理解不能だが、強要することが

今の若者、いやいや、年配者だってそれが一番ストレスであり

嫌いなんですよね!?

 

上司のストレス発散にしかならないのが現実である。

ペラペラと上司が話して、笑わないと不機嫌になって、持論を振りまき

自己満足。そんなケースが非常に多いようだ。

 

 そんなことしているから、飲み会に人が集まらない。

それに気づかないのである。

特に女性は態度に顕著に表れる。「あ、な、た」は嫌いだと。

むろん、その飲み会には女性が殆ど参加しないという。

 

自由参加とした方がよっぽど人は集まるし、自由な会にもなり楽しく過ごせる。

とにかく、人の話を聞けない上司が多すぎる。

それで飲み会代一人1千円でも払えと言われたら、怒りが頂点に達すること間違いなし。

 

優秀な若者はこの会社をステップにし転職していく。

それが正しい選択であるし、当然の流れである!

 

昔パワハラ、セクハラに関する法令が出て、何て厳しい制度だと

思ったことがある。ばっしばっしと罰せられていき、中には退職まで

通告される者もいる。

 

ただ、最近はこれでも制度が甘すぎると思うときもある。

要するにこれくらい厳しくしないと、パワハラが平気で起きるのである。

 

こんなに厳しくしても、まだまだ学ばない人が、パワハラを起こし続ける

世の中である。

 

世間は毎日パワハラで誰かが必ず罰せられているが、それでも感情を抑えきれなく、

勉強しようとしないパワハラ魔。 本当に恐ろしいことである。

 

よく考えると、議員でもパワハラをしていた人がいた。

「豊田真由美」議員である・・・・・ すっかり消えたな~!

 

みなさん、パワハラは絶対に撲滅しましょうね。

誇れる日本へ、進め!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です