朝ドラ 安藤サクラ主演「まんぷく」遂に始まり始まり~!!



朝の連続テレビ小説こと、朝ドラ、

「半分青い」が9月末で終了しいよいよ「まんぷく」が始まりました。

 

平成最期の朝ドラは今回が99作目、戦前から高度成長期にかけての

激動の時代を明るく生き抜いたヒロインとバイタリティ溢れる実業家の夫と

波乱万丈の物語を描いたドラマです。

 

内容は私も大好きな「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の物語

だそうです。

語りは「芦田愛菜」を起用して参りました。

 

食創りでは、朝ドラ「マッサン」のウヰスキー創りを思い出しますね。

経営は厳しい、失敗しても失敗してもどん底からはい上がる二人は、

世紀の大発明へとたどり着くのであります。

人生大逆転の連続だそうです。

夫婦揃ってというのが良いですね・・・・・

 

部隊は大阪、ヒロインは三人姉妹の末っ子の「福子」と青年実業家「萬平」の

物語です。

日本一の商売人を目指す萬平と商売に理解が乏しく娘の結婚生活に口を挟む

娘の母親。その間に立たされて、子供を育てる福子に必要なのは、

「究極なマネジメント能力」でした。

 

始めは夫に振り回され耐える女でしたが、やがて夫を支え、背中を押し、

引っ張っていくまでの強い女となっていくそうです。

 

そして、全てを失いどん底からの最後の敗者復活戦、遂に夫婦は

「インスタントラーメン」を創り出すことに成功する。

そんな物語だそうです。

第一回目の「福子」(安藤サクラ)は本当に旨い演技でびっくりしました。

私の大好きな昭和からの開始の設定で、皆明るくて、元気で情があって、

夢に向かって走っていく若者の雄姿が見られました。

私は物創りの物語が大好きです。

長女は内田有紀、次女は松下奈緒とメジャーどころを活用してきましたが、

今後山あり谷あり、どんな展開になっていくか楽しみです!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です