古き良き昭和と平成という時代の大きな違いとは!?



古き良き昭和は良かった~という言葉をよく耳にします。

年代では30歳代後半より上の人から位ですかね。

私もそう思いますね。 昭和は本当に温かい世の中だったと思います。

 

昭和になくて今にある言葉はざっとこんな感じでしょうか!?

☆コンプライアンス ☆パワハラ ☆セクハラ ☆メンタル

 

結局規則が厳しくなった形ですね。

欧米化と人口の減少などにより女性も働く世の中になったのですが、

アホな男性社員がパワハラ、セクハラをするので、取り締まるのは当たり前ですね。

 

コンプライアンスというのも、欧米文化を取り入れたのと、

パソコンの普及により情報漏洩などが日常化し、取り締まるのも

当たり前なことですね。

 

そうなるとどういう現象が起きるかというと・・・・・

日本人は余裕がなくなってしまったんです!!

 

よって人にかまっていられなくなり、ある意味殺伐とした世の中に

なってしまったということです。

 

余裕がなくなるとどうなるか?・・・・・・

☆人を育てなくなる ☆成果主義の比率が増加してくる 

☆結果を追及されることが多くなる ☆失敗できなくなる

こんな感じだと思います。

 

昭和の芸能人(アイドル含む)を映像で見ていて、私が常々思うことがあります。

なんて無邪気で可愛らしいことかと、、、

 

つまり、昔のアイドルは育てなくても素のまま登場し、いきなりデビュー戦で

OKだったんです。

なので粗削りで、愛らしく可愛らしかったのだと思います。

 

三人娘のキャンディーズ、ドリフターズ、長嶋茂雄など、

昭和の生んだ人々は人に夢を与え、優雅でとても素晴らしかったと思います。

それは、時間をかけて育成してきたからこその「昭和の花」なのだと思います。

とにかく、明るかった。

 

では今のアイドルはどうでしょうか?

デビュー戦でも失敗できないので、芸能事務所は仕込みに仕込んで、

満期してデビューさせます。

 つまりそれだけ世の中に余裕がなくなったんです。

当然、出来の悪い子を教育している暇も時間もお金もありません。

 

なので、昭和と比較して殺伐な世の中になったしまったのであろうと

分析しております。

勿論、それだけが理由ではないと思いますが、そんなことが理由の一つと

思っております。

 

  やはり、何でも儲かってないとダメな世の中なんですよね。儲かってなければ、

更に余裕がなくなり、消されていくことになります。

そりゃ、うつ病も増えますよね。

 

余裕を持った生活をしたければ、やっぱり儲かってないとダメだと思います。

家庭崩壊の理由に、経済力の低さというのも常に上位にランクインされて

います。

 

みなさん、余裕を持った行動ができるように頑張りましょう!!

 

 

 

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です