朝ドラまんぷく 咲姉ちゃんの死から感じることとは?



 ’’いやー、咲姉さんの死は涙がこぼれましたね~!”

内田有紀の演技が巧すぎです。

昔はもっとおてんばというイメージでしたが、すっかり昭和の時代の人に

なってましたね。

NHKのナレーター死というのが話題になりました。

つまり、死のシーンを見せないことを言うのですが、やはり演技の巧い人が

演じると、これに勝るシーンはなかなかないですね。

 

昔は、結核など死に直結する病気は怖かったですね。

 

 しかし、あの死は福ちゃんにどんな影響を及ぼすのでしょうか。

少なくても今の福ちゃんを見ていると、萬平さんのことばかり

思っていて咲姉の死は何の影響もありませんね!

 

あの死と福ちゃんの関連性を調べましたが、今のところ何も

なしで、番組上なんかないのか、、少し残念というか、、、

 

死を悲しむ😢お母さんだけが目立っていて、不自然に感じないこともないですね。

やはり女性とは恋する動物ということですね。好きになってしまうと、

身内の死をも顧みないところがありますからね。

「恋する乙女」とはよく言ったものです。

 

それにしても福ちゃんの将来の旦那さんの萬平さんは、冤罪といえども

刑務所に入れられてしまい悲惨ですね!

この萬平さんを助けるところが、この物語の実はスタートだったんでしょうか?

 

ただ、それにしても福ちゃんの演技は巧い時々、大袈裟ですね!?

少しパターンが見えてきてうるさいですわー。

特に泣き声とか声高で窮屈です。

 

あとは、橋本マナミを好きな男性陣2名は、おもろいですね。

朝ドラにはうってつけの顔で、よくいる勘違い野郎で楽しいです。

 

そんなこんなで、楽しく「まんぷく」を毎日にております。

今後の展開に期待ですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です