朝ドラまんぷく 福ちゃんの好演技の裏に演技のワンパターン化の声も!?



 朝ドラまんぷく、毎日楽しく拝見しております。

福ちゃんはじめ(安藤サクラ)明るくて本当に楽しい朝ドラです。

やはり朝ドラはあーでなくちゃいけませんね。

「ザ・朝ドラ」が戻ってきたと囁く人も多いと聞いております。

 

が、その一方で、

「ただ騒いでいるだけで、福ちゃんの何がいいか分からない、顔が好きじゃない、

長谷川博己が支えているだけじゃないの?」という声も聞かれ、ほんと世の中厳しいものですね。

 

特に女性陣はそうみてる人が多いと感じていて、女性は女性に厳しいというのも

世の中の格言ですな。

 

朝ドラで女性で30歳を超えて主役になるのはまれで、安藤サクラさんは

今までの朝ドラの主役とは違う自分らしく熟練の味を出そうとしているのではないでしょうか。

 

ただ今後、福ちゃん一家は会社経営をしていく上で、とても厳しい妻を演じることになると

思うので、そのギャップを今から視聴者に意識させるために、

ただただ明るく演じているようにも見えて今後の展開に期待してます。

 

 

早いもので、「まんぽく」開始1か月を経過し福ちゃんのワンパターンの演技に

飽きてきたという声もあります。

あの高い声で騒ぎすぎるとうるさいと思うことも増えてきましたし、

母親とのやりとりもワンパターン化してきてます。

 

母親役の今井鈴こと松坂慶子や旦那さん役の萬平こと長谷川博己は、

演技の引き出しが多彩でどんな状況にも対応できる技を持っていますが、

安藤サクラの場合は、さすがにそこまではまだ到達していないので、今後に期待しています。

※犬養毅

 

父親はあの奥田英二というのは皆さんご存知かと思いますが、

祖父は、あの犬養毅元首相ですからね。

華麗かつ天才、更に荒々しい部分も兼ね合わせた血統なのだと思います。

 

天才だからこそ意見も言われ、注文も多くなるので、まさに女優としての今後の明るい未来への

修行だと思って頑張ってほしいと思います。

 

まんぽく、応援してまっせー!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です