未だに減らぬ攻撃型パワハラの実体に嫌気!?



パワハラは相変わらずなかなか無くならないですね!!

法で縛ろうとも、罰則を与えようとも、パワハラの大好きな人々は

今日も吠えています。

 

なぜ無くならないのか?  考えてみました。

まず言えることは古い体質を未だに引きずっていますね。

 

後会社は変わっていかなければならない」とか、

「新しいビジネスモデルを考えろ」とか部下には吠えているのだと思います。

 

が、しかし、

一番変わっていないのは、あ、な、た、ではないでしょうか。

環境の変化についていかれない張本人が、会社なんて変えられるはずは

ありません。

 

部下を悪者にして自分を守る手法は昔から使われていますよね!?

「俺がこれだけ部下に毎日ガンガン言っているのに理解しない」とか、

簡単には出来ない事だと知っていて言うんですから本当にたちが悪いですよね!!

 

誰かを悪者を作って自分を守る手法もありますね。

これでは会社は良くなるはずもありません。

結局自分を一番守りたいのです。

こんな話が上がってきました。

恐らくそのパワハラ上長に嫌なことがあったのでしょう、怒るだけ怒り

部下を威圧した後に、「おーみんな、飲みにいくぞ、〇〇さんも行くぞ」と

回りの人を誘ったらしいのです。

 

冗談でないですよね。ただでさえパワハラなのに、こんな興奮した状態で

飲み会に言ったら、話を聞かされるだけですからね。

意見なんて言おうものなら、恐らく怒って話にならないでしょう。

 

パワハラもここまでくると冗談ではないですね。

結局、自分なんですよね!!

 

こんな行為を「攻撃型パワハラ」と呼ぶことにしました。

 

とにかく、パワハラ撲滅には基本的に毅然とした行動が必要です。

パワハラには負けず頑張っていきましょう!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です