JRA日本中央競馬会を見習う驚愕の顧客のターゲティングの仕方とは!!



競馬場の壮大さ、開放感と言ったらなかなかないと思いますね!

みなさん、色々な趣味があると思いますが、私も時々競馬場を訪れます。

 

昔の競馬場と言ったら、汚い、ごみが沢山落ちてる、おやじのたまり場、うるさいなど

色々とあると思いますが、さて今はどうでしょうか?

真逆です・・・・・・

☆奇麗 ☆ごみは皆無 ☆若者が多い ☆女性も多い ☆麗しい時が流れている

 

さて、これは一体何を意味するのか、私はとても興味深いんです。

要するに日本中央競馬会は、時代の流れに少なからずついて行ってるんだと

思うんですよね!!

 

景気に左右されることは勿論あるんですが、競馬の売上はここ数年上昇し続けて

いるんです。

顧客のターゲットをしっかりし、デジタル化し、更には今一番のタレントを

起用してギャンブルをレジャー化し宣伝を行っています。

 

お金もありますね!!

 

競馬場に行けば、豪華絢爛、初めてまたは久々に競馬場に行った方は、

ここはレジャーランドですか?と質問がくる次第ですから凄いですよね。

そうなると女性ファンが多くなる、そうなると子供も来場する、

そうなると建物も床も徹底的に掃除しごみが落ちていないように管理する、

そうなるとごみを人間は落とさなくなる、

この現象はディズニーと同じですね。

 

私達のサラリーマン生活や日常生活にも是非ともこの仕組み、考えを

導入したいと思うんですよね。

ターゲットも女性、若者を新たに取り入れることで売上を拡大していきます

 

企業も新たなものに挑戦することが必要ですね。

私はそんな理論を活用してこのご時世を生きていきたいと思うので

あります。

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です