朝ドラ「まんぷく」塩づくり成功に感動!!そこから見えてくるものとは?



まんぷく、益々面白くなってきたと思います。

明るい朝ドラは、皆を勇気づけてくれます。

また、お涙頂戴のシーンもあるので、本当に良くできていると思いますね。

 

今は、福ちゃんは夫婦で塩づくりをしているんですが元々研究熱心な萬平さんは、

とにかく質の良いものを作ろうと思っているんですね。

良い物に拘りすぎると開発費はそっちのけになるので、赤字経営に

なってしまいますね。

ただ、職人さんというのは、とかく頑固で譲らないものですので、

昔も今も変わりませんね。

 

今でいえば、開発と生産と販売(営業)といったようなものでしょうか。

 

商売が上手くいくと良いのですが、上手く行かないときは、

「何でこんなに良いものを作ったのに営業が売ってこれないんだ」という

発想になりギクシャクしてくるものです。

ここで調整してくれる寛大な上司がいると違うのですが、、、

 

萬平さんの塩づくりは何か大きなことをやるに当たっての、土台作りに

すぎず、大きな夢を持って取り組んでます。

 

目標は「人の役にたつこと」!!

ほんとに素晴らしいですね。

 

更に萬平さんには、横で支える福ちゃんという奥さんがいるんですから、

こんなに心強いことはないですよね。

一生懸命にやる人には、そういうパートナーが必ずついてくるんですよね、世の中。

ほんと不思議ですよ!!

これは必然であります。また、諦めなければ夢は叶います。

 

今後、インスタントラーメンを開発していくんですが、開発できる人と

出来ない人の差って何なんでしょうね。

最近は私もそこまで突き詰めて考えるケースも多いのですが、今のところ

前述した位しか思いつきません。

 

ただ、諦めないことで、回りに応援してくれる人や、

同じ志を描く人が集まってくるような気がします。

 

今回で言えば、福ちゃんであり、福ちゃんのお母さんであり、みんな本当に

温かいですよね。

 

私も新規ビジネスを開発するときには、

回りに応援者や同じ志を持つ人が集まってきてくれたときがチャンス到来

なのかな、ようやく認められてきたのかな、と思うようにしてみます。

 

何事も世ため、人のため、頑張るぞー!!

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です