やっぱり1強はダメ 対抗馬が必要な理由とははたして!?



最近対抗馬(競合相手)がいない業界はつまらないな~と思いますね。

つまらない理由は、まず発展がないし、その業界が盛り上がっていかないという

ことだと思います。

 

最近思ったのが、広島対ダイエーの日本シリーズですね!!

私からするとあれだけ強い広島が簡単に負けてしまうなんて信じられませんでした。

結局、他に強い相手がおらず圧勝劇をいつも演じていると、錯覚を起こすということですね。

よくトーナメント戦でも、この組の準決勝が事実上の決勝戦です。

なんてことが言われますがありますね。あれは分かっている例ですが、全く分からずに

決勝戦というものがいつも最強同士の決戦と思っている人もいますね。

 

また、1強で進んでいくより、競合がいて切磋琢磨している人や業界は創意工夫も

するし、価格の競争も起きるし、他の品物をサービスしてくれたり、アフターサービスが

充実してくれたり、ほんといいものが沢山出てきますよね。

 

アジアで1強で強くても、ヨーロッパのような隣接した地域で戦いあっている匡は、

どうしたら相手に勝てるのかといつも研究しているので、いつの間にか強くなって

しまうんでしょうね。

 

人生も同様で、イエスマンばかり近くにおいておくとお山の大将になって、

組織が腐っていくので良いものはできませんね。

反対勢力をおいておくことこそが、その組織の発展に繋がるのだと思います。

 

ただ、臆病者のワンマンは反対勢力はおかないので、いつか滅びてしまうことが

多いですね。

常に上を目指し、良い会社にしていきたければ、絶対的にイエスマンを集めずに

対抗馬をおくことだと思います。

なかなかできることではありませんが、誰かが意見を言ってくれる間が華ですので、

しっかりそのことを肝に銘じて生きていきたいと思います。

 

みなさんの中に、回りが意見を言ってくれない人が不在なら要注意ですよ。

まさか、自分が仕事ができて良い意見を常に持っているから、

回りが意見を言わないんだ。なんて思わないでくださいね。

 

常に競合相手と共に自分の在籍している業界を盛り上げることこそが

商売繁盛の秘訣だと思います!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です