男性活躍推進法の設立も創造し浮き浮きする社会を創ってみては!?



平成の時代は女性活躍に関する推進法が数多くできましたね。

女性が社会に進出しやすくするための手助けの法律ですね。

 

まだまだ社会進出の少ない女性を助ける法律ですが、匡は男性にも色々な推進法案を

創ってみてはどうかと思いますね。

 

今の日本には女性推進など女性向けが多くて、男性が浮き浮きする制度がないんですよね!!

女子会優遇とか、女子スポットの設立なども最近はよく目にします。

 

今の日本が更に元気になるには、男性優遇の制度(差別ではなく)を多少創ってみてはどうかと

考えています。

そんな施設に女性も一緒に連れて行ってあげて盛り上げたり出来ると思います。

なかなか、女性のスポットには男性は同行しずらいんですよね。

 

経済が発展するには、女性だけの推進法を創っていてもここが限界だと感じますね。

カップルをどんどん増やし更には結婚率が上昇するように、カップル優遇みたいな

お店や制度もできると付き合う人も増加する可能性があるし、お互い誘いやすいですよね。

日本の人口を増やし、みんな浮き浮きした気持ちを持たすには、男女問わず

そんな浮き浮き法案が必要なのだと思います。

 

基本的には今の社会はお給与がなかなか上がらないし、政治家の新しい創造も

昔と比較し少なくなっているように感じます。

確かに明治以降の政治家は、自分が裕福になりたいことを真剣に考えていたので、

新しい制度も多くて高度成長してきましたよね。

 

現在はやはり二世政治家が増加したので、お坊ちゃんが多く貧乏を経験したことがないので、

なかなか国民の気持ちは分からないですよね。

分かれという方がおかしいですね。

 

例えば、安部首相や麻生さん、鳩山さんなどもみんなボンボンの裕福二世政治家ですよね。

私は、今の日本に変化が少ないのはこの辺りにも大きな原因があると思ってるんですよね。

 

みなさん、色々な工夫をして経済発展に努め、世の中が楽しくなるような人生を送りましょう!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です