平成最後よりも未だに昭和を懐かしむ人達が多くいるのはなぜなのか?



昭和と平成の違いについてブログで書いたところ、反響が大きすぎてビックリしました。

昭和って奴は本当にみんなから愛されていたのだと痛感します。

 

理由は出来の悪い奴でも後輩でも、先輩が部下を育てた時代であり、そこに心の余裕や

思いやり、感謝というものが生まれた時代だったのだと思います。

そんな時代をみんなは愛し、ゆとりを持ってくらせたのだと感じますね!!

 

今のようにゆとり教育なんてしなくても、みんなが部下や後輩を

ゆっくり育てた時代だったのでしょうね。

 

今はテレビ初出演の時なんて、完成されて出てこないと失敗は許されないんですから

こりゃ人も育ちにくく、パチパチの時代と言ってよいと思います。

そんな時代に出てきた「嵐」、みんな普通でみんな素直で、みんな庶民的な感じで、

「俺が俺が」なんて人はいないですもんね。

もしかしたら、昭和の時代を懐かしんだ平成人が創り上げたグループだったのかもしれませんね。

 

みなさん、昭和ってどんなイメージですかね?人それぞれだと感じますが、

緩い時代とか、バブルと色々な思いがあると思いますが、私の思いは、

☆明るい ☆何でも許された時代 ☆笑いや笑顔

 

こんなふうに思いますが、結局何でも許された時代だったので、限りなく可能性を追求し

長嶋茂雄やアントニオ猪木やピンクレディーや松田末子さんのような大スターが生まれたのだと思います。

スタートはいわば国民が創り上げたものですから、やはり国民主体の素晴らしい時代だったのだと

感じます。

その一方でアメリカとソ連の冷戦の時代だったですよね!

いつ戦争が起きるのかと子供ながらにビクビクした時代でもあったと思いますが、

それでも私たちは永遠の平和を祈っていましたよね。

 

やはり平和だったんですね!!

 

今、日本に求められているのは、やはり部下や後輩を育成することだと思っております。

自分だけが良いと思っている人が多すぎるのも事実なので、何とか育てることで

社会貢献できないかと感じております。

育てからこそ昭和という時代が生まれたのだと思ってます。

平成が終わると、確実に時代は変化します。

スターの嵐も引退するし、次はどんな年になっていくか・・・

 

逆に本当に楽しみが多いと思います。

 

次の時代に向かってみんな頑張りましょう!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です