分かりずらいパワハラもある!その実態とは?



相変わらず止まないパワハラ問題、これだけ厳しく世の中がなっても

本当に止まないですね!!

 

止まない理由は簡単だと思います。皆さん分かりますか?

 

理由は簡単です。パワハラを止める気がないんですから質が悪いですね。

止めない理由は、、、

 

☆私は会社をよくしようとして言っている ☆パワハラを止めたら世の中が収まらない

 

こんなとこだと思いますが、結局止められないんですね。

要するに会社を良くするために俺は嫌われ役を買って出ているんだと・・・

 

ならば、違う方法を考える努力をしなさいと言いたいですね!!

では少し分かりずらいパワハラを紹介します。

結論から申し上げますと、「正論を言いまくる」です。

 

人間正論を言われると人ってなかなか反論できないんですね。

少し機転の利くパワハラマンは正論を言いまくります。

正論を実行することは実はとても難しいことなんですね。

 

言い換えれば理想論ですね。理想と現実は違うというやつですが、ずるい奴は

正論を言って、相手がグーのねも出なくなるまで言い続けるんですね。

 

言われた人は正論を言われてなかなか実行できなくて、とても悩むんですね。

毎日毎日正論を言われると人間って夢にまで出てきて、どんどん弱っていくんです。

これが私流に言うと見えないパワハラです!!

これって当然、正論を言った本人は逆だったら実行できないんですよ。

実行できないことを知った上で言うので、余計に質が悪いんですよね。

 

言い換えれば評論家ですね。評論家みたいな人が上司だったどうしますか?

 

皆さん、こんなパワハラマンがいたら、聞き流すことです。

これしか解決策はありません。全て真で受けていたらうつ病になりますからね。

 

このやり方は昔からあったんです。

そう言った人に限って、次の日には言うことが変わってしまうことは、往々にしてあるので、

いうことを聞かないことです。

出来ることはやり、出来ないことはやらないことです。

 

今日は、こんな極悪な見えないパワハラについて書いてみました。

パワハラ撲滅、頑張りましょう!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です