遂にここまで来たAI開発の実態!?



日本経済新聞と英フィナンシャル・タイムズの共同調査によると、

人が現在、携わっている約2000種類の仕事のうち、3割は「AIロボット」への置き換えが

可能だと判明したといいいます!!

 

ほんとビックリですね!!

 

日本に限定すると、製造・建設・運搬など従事者の多い仕事のうち、5割強の業務を、

ロボットによって自動化できることも明らかになっているとのことです。

 

金融機関でも自動化の波は押し寄せていて、事務職ではファイル作成など

6割以上の仕事をロボットに代替できるといいます。

2000年、米ゴールドマン・サックスでは600人いたトレーダーが株式売買の自動化システムに

置き換わり、現在では数人がオフィスに残っているだけだといいます。

 

株式売買の業務における複雑な数学的判断は、AIのディープラーニングのお得意の領域で、

人間の頭脳が敵うはずすもなく、世界的投資家のジム・ロジャーズも

「AIが進化すれば、証券ブローカーなど株式売買に関わるプロは消える」と断言しています。

 

投資だけでなく、専門性の高い分野にも、AIロボットの進出は進んでいます。

近い将来、一部の有能な医師が、世界中の患者の診断・手術を、遠隔ロボットを介して

手がけることが予測されています。

世界的なロボット工学者の石黒浩・大阪大学教授は、

「膨大な試薬のデータ分析が必要な製薬業は、人間の研究者よりもAIの方が優れている。

そのうちAIが、ノーベル生理学・医学賞を受賞するだろう」と予言しています。

 

一体どんな世の中になるんですかね?

そのうちAI同士が戦争を起こすのではないかと不安になります。

 

これだけ技術が発達するのに人間に恐怖感が多いのはなぜなのか?

私はそこが知りたいですね。

特に仕事が奪われる系の話が多く、結局不安なんですよね?

 

病気は治って長生きするかもしれませんし、画期的な新薬が出てくるかもしれません。

仕事も効率化されて人間が仕事をしなくて済む時代もくるかもしれません。

ただ、マスコミは不安感だけをあおります。

不安が期待を上回るのなら、なぜ人はAIを開発したのでしょうか?

今のところ不安点が多いので、どのように活用していくのか今後が見ものです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です