池江璃花子が白血病と診断 これは一体何を意味するのか?



私ビックリしました!!

人生って本当に分からないな~と!

 

競泳女子の池江璃花子さんが2月12日、ツイッターで白血病と診断されたことを公表しました。

「体調不良としてオーストラリアから緊急帰国し検査を受けた結果、

『白血病』という診断が出ました」と記し「私自身、未だに信じられず、混乱している状況です」

ともつぶやきました。

 

池江は100メートル自由形、100メートルバタフライなど、長水路では5つの日本記録保持者で、

昨年のアジア大会では6冠を達成し、MVPを獲得するなど、東京五輪でのメダル獲得が期待されています。

“東京五輪のヒロイン”の衝撃的な発表は、世界でも驚きを持って報じられました。

私がまず思ったのは正直、人生はフィフティー&フィフティーなんだなと感じましたね。

人生良いこともあれば、悪いこともある。悪い時にどう乗り越えられるか?

そんな時にどれだけ支えてくれる人がいるのか?

 

彼女が今まで人に尽くしてきた人生を送っていれば、支えてもらえるし、

逆なら厳しい時を過ごすことになると思います。

やはり大きく飛躍したら、全ての賞を持っていくのではなく、何らかの形で分け合うこと

重要なのだと思いましたね。

要するに良いことが沢山あった後は要注意とだと思います。

 

人間って良いことが続くとそのまま続くと思ってしまうんですよね。

ただ絶対にそんなことはなくて、その後は要警戒です。

 

良いことが多く続いた時は私は、一回休みすることだと改めて確信しました。

そしてまた順番がくるまで待つ、そこは忍耐です。

人生分からないな~とつくずく感じた瞬間でした。

 

池江さん、元気で必ず戻ってきてくださいね。

頑張ってください!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です