最近の日本を憂い心配する暇があるなら努力して日本に尽くすべし!!



平成の終わりを前にして、最近思うことがあります。

世の中ではこんな声が聞こえます。

 

「最近の日本はどんどん悪くなる。政治は腐敗するし、

格差が広がる社会になってきたし、昔の日本は良かった」

 

確かに昭和は良かったです。これは認めますが、私が言いたいのは、

世の中に苦言ばかり呈していないで、努力してもっともっと勉強して

人に尽くせと言いたいです。

 

文句ばかり言ってる奴は、本当に聞き苦しいと思います。

何も世の中の役に立つことを考える訳でもなく、自分の理論を展開するだけなんて

まっぴらごめんですね。

私が思うに、今の日本は悪くなった部分も多いですが、沢山良いふうに

変わったことも多いと思います。

 

例えば、

☆戦争がない ☆海外と比較しても安全であり治安が良い

☆食文化が発達している ☆保険制度が充実している ☆切り捨てごめんがない 

☆パソコンが普及し便利になった ☆鉄道網が充実した 

 

など、とにかく平和ですよね。

安部首相がワンマンだとか言う前に、感謝し生活した方が良いと思います。

 

昔は、武士がいて農民が気にくわない態度をするだけで、切り捨てられていたんですから、

とんでもない世の中ですわね!!

また、見方によっては働き方改革で、労働時間が減り、皆自由に稼げる時代も

来たんですから、やる気のある人にとってこんないい世の中はないと思います。

 

要するに米と似て、世の中に尽くしたり、やる人にはとても良い世の中になったと

思うんですよね。

逆にやる気がなければ当然格差は広がっていきます。

 

私は今の日本を憂うだけでなく是非とも前向きに捉えていってほしいのです。

くしくも織田信長公は言いました。

「人生は自分が思っているより短いぞ」と。

本当にその通りだと思います。

文句を言う暇があるなら、何かをやり世の中に尽くすことを考えろと!!

 

そうすれば、必然的にお金はついてくるものだと思っています。

さあ、今日も日本の美味しい朝ご飯を食べて頑張りましょう!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です