NHK青山祐子アナの退職は酷いことなの?それとも仕方なしなの?さてあなたはどっち?



NHKの青山祐子アナウンサーの退職が決まったとスポーツ紙が伝えています。

青山アナといえば、NHKの看板アナでとても人気がありましたね。

ただ、今回の退職の仕方についてさまざまな意見が出ています。

 

関係者によれば、青山アナは15日付で退職するといいます。

海外を拠点に仕事をする夫と幼い4人の子どもを持ち、7年のブランクがある青山アナは、

復帰には難しい状況がそろっているとのことでした。

しかしこの退社報道に、ネットでは批判の声が爆発、青山アナが2012年から出社していないのです。

1995年にNHKに入局した青山アナは、2011年に一般男性と結婚し、2012年3月に長男、

2013年6月に長女、2015年7月に次男、2017年2月に次女を出産を出産しました。

 

長男出産前に出演した2012年1月20日放送の『スタジオパークからこんにちは』(NHK)を最後に、

約7年間、産前産後休業および育児休業を取得していたのです。

13日に青山アナの退職意向を報じるや否や、ネット上では、

「迷惑」「無責任」「非常識」「産休育休コンボ」

「手当泥棒」「金返せ」「図々しい」などなど……青山アナへの批判が紛糾しています。

 

ネット上に投稿されているこのニュースへのコメントは・・・

「こんなの許されてええんか?」
「育休で税金むさぼりつくしたね」
「お手当てだけ頂いてウハウハだね」
「どの面下げて復帰するのかなぁ~と思ってたけど、もらい逃げか」
「すごい神経の持ち主だよねホント」


これは、結果的に子供を4人も授かってしまい自由が利かなくなって

大変なので仕事を辞めますということだと思いますが、良く言えば結果論なので仕方なしか!?

 

悪く言えば、ワーママの足を引っ張るような真似をしたことになり、

だから女性はダメなんだと批判を浴びてしまうケースにもなります。

また、7年間会社に行かずに給料をもらい続けたってことで、

計画的なら凄い人だと思いますね。

まして、NHKの朝ドラでは、主役の安藤サクラさんは、育児をしながら

お芝居を半年以上も行っているのですから、これはバツが悪いですね!!

みなさんがどう思うか勝手ですが、私は国の制度を最大限活用した

凄いプレーに見えますが、やはりNHKの職員としてもう少し工夫して

退職すれば良かったのかとも思いますが、、、

 

ただ人口の減少時代に子供を託沢山産んで、国の宝を4人も増やした

青山アナに軍配といったところでしょうか!!

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です