2019年春 彼氏彼女と満開の桜を見に行こう!!



今年も桜の季節がきましたね!!

桜は何でこんなに美しく感じるかというと、2週間位しか咲かないことが

一番の理由だと思います。

 

美人は三日で飽きるといいますが、桜がもしも一年中咲いていたら

花びらがゴミに感じられその処理にも困ることだと思います。

 

やはり、いいものは程々に、程々にが大切ですね!!

 

さて、今年も色々な場所でどこの桜が一番なのかという調査が

実施されています。

今年の一番は・・・・・

 

やはりまた、

青森県の「弘前公園」という声が多いようです。

弘前公園には約50種類、約2,600本の桜が植えられており、

毎年200万人以上も訪れる大人気の花見スポットです。

 

咲き誇る桜も美しいですが、桜が散り始めると外濠が花びらで覆われ

ピンク色に染まります。花筏(はないかだ)が水面をたゆたうさまは、

一度は見てみたい絶景ですね!!

 

県別に見ても青森県が一位に選ばれているようです。

青森県民が我が県の桜を誇るのも納得できますね。

因みに、弘前さくらまつり「弘前公園」の開催日は、

☆2019年4月20日(土)~5月6日(月)だそうです。

 

私も一度は行ってみたいですね。

 

因みに二位は長野県とのことです。代表的なのは・・・

「中綱湖(なかつなこ)」普段余り聞いたことがないスポットですね。

 

長野県には小布施、小諸城址懐古園、高遠の桜など桜の名所が

数々ありますが、一幅の絵のような風景が中綱湖(なかつなこ)の桜だそうです。

オオヤマザクラが湖面に映るさまを撮ろうとするカメラマンの人気スポットで

静かな湖面に濃いピンクの花影を落とす姿は幻影的で、思わずため息がこぼれるとか、、

 

因みに見頃は、例年4月下旬~5月上旬だそうです。

 

こうしてみると、桜の花びらが水面に染まるとか、湖面に映るとか、

そんなのが雅なんですね。

 

さあ今年も桜を見ながら宴会をしたいと思います。

日本人ってほんとに幸せですね!!

では、、



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です