人に必要とされるには一体どうすれば良いのか?



世の中殆どの人が一度や二度、「私、他人から必要とされたい、頼りにされたい」

思ったことがあると思います。

 

人間のサガですよね。

 

昔、仕事を始めたばかりの後輩に、「君は仕事を通して何を一番望んでいるの?」と

私はそんな質問をしたことがあります。

 

つぶさに返ってきた言葉が、

「他人から必要とされたいです。今の自分は仕事を一生懸命にやっているつもりですが、

回りの人は全然私を認めてくれなし、楽しくないです」ということでした。

私には、他人から必要とされない理由が解かる様な気がしました。

ただ、一生懸命に仕事をする彼を見ていて絶対に人から認められる

社会人に育てたいなと思ったことも事実でしたね。

 

そうなんです、彼にはそれだけの素質もあったし、

人から好かれる魅力も持ち合わせていたのです。

 

では、今後どうしていけば良いか・・・  正直時間がかかるなと思いましたね。

 

理由は私生活がハチャメチャで口が軽いし、プライベートは楽しんでいるように

見えましたが、実は人を信じていないし、自分の事しか考えていないように見えたのです。

ただ、これは殆どが事実だったと思います。

大きなポイントは「他人を好きになること」だと思いました。

そうすれば全てが繋がってきて他人からも必要とされる

人材に成長するこが出来ると確信しました。

 

他人を好きになるには、多くの人と話し共感することで、

各人が何に興味を持っていてどうすると喜ぶのかという事をしっかり把握すること

だと感じていたので、その事を徹底的に仕込んだのを覚えています。

 

そう簡単にはできることではなかったのですが、

不思議と他人に興味を持つようになると、お客様も当然人なので、

仕事が取れるようになってくるんですね。

 

そうなると当然、社内での前向きな会話を多くなり、お客様にも認められ

結果会社に貢献することで、社内の人からも信頼されていったのです。

「自分自分、俺俺」、他人の会話でも全てを自分に置き換えて話してくる

つまらない人がいますが、それでは絶対に自分には興味を持ってくれません。

 

まずは他人に興味を持って人の話をよく聞くことが何よりも肝要だと痛感した私でした。

 

皆さんもそんな後輩や部下がいたときには、そんなことも一つの参考にして

くださいますと幸甚です。では!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です