さあ遂に令和がやってくる 平成に乾杯し令和を迎えよう!!



さあ、あと一日で平成とも永久のお別れです。

楽しかったですね~平成は!?

 

31年前に小渕首相が平成と発表したのをきのうの事のように覚えてます。

私にとっても素晴らしい31年でした。

 

街に出ると「平成最後の日曜日」とか「平成最後のG1レースとか」

何かと日本人は平成最後と言いたがるものだと感じました。

 

恐らく、令和になると平成なんてみんな忘れてしまうんでしょうかね?

いやいや今でも昭和が良かったなんて言ってる人がいる位なので

恐らく平成は忘れられない時代になるような気がします。

平成がいい時代だったと思います。

みんなきっと忘れられないですよ。

令和になった瞬間にいいことが起きてほしいですね。

 

でも考えてみると世界的には、令和だろうと昭和だろうと

関係ないというのが現実で、これってとても面白いですよね。

 

令和はどんな時代になるかっていいますが、グローバル的には

関係なく、日本国内のことなんですよね。

でも不思議なのは、平成から令和になると色々なことが変わると

思います。時代の流れとはそんなものです。

 

昭和は人を育てる余裕のあった時代、人はどんどん増えて経済も

発展しました。

 

平成は激動の時代で、失敗は許されず一度失敗するとなかなか

チャンスは巡ってきませんでした。

果たして令和はどんな年になるのでしょうね!!

私が思うに、令和は極端な高齢化社会になるので、いかに高齢者を

活用できるかの時代になると考えます。

高齢者の心をつかんで、どれだけ活かして動かせるかにかかっている気がします。

 

それには、近代の若者の心、近代の中年の心、そして、近代の女性の心を

しっかり学び令和に臨むことが肝要かと思います。

 

さああと一日で令和がやってきます。

平成に乾杯し、令和に誕生を楽しみにしております。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です