サザンの「原坊」はなぜあそこまで若返ったのか?



みなさん、サザンオールスターズの桑田佳祐さんの妻、

原由子さんをご存知ですね。

 

大ファンです。

まさにサザンの屋台骨、サザンを支えてきた第一人者だと思ってます。

 

彼女は1956年生まれの現在62歳、日本一の年重の女性ボーカルってことは、

みなさんご存知ですか?

 

私がとにかく感動するのは、彼女は年を重ねるごとに、若返っていくことです。

声が魅力的なことに加え、外見もどんどん若くなっていき、

本当に良い年の取り方をしているのだと思います。

愛称も「原坊」、昔つけられたあだ名が今もそのまま残っています。

彼女は、神奈川県横浜市内の横浜市立本町小学校、吉田中学校を卒業後、

青山学院大学に入学し、桑田佳祐さんと出会いました。

 

まさにそこで運命の出会いをしたんですね。

そこからずっと仲間とサザンオールスターズを続けているんですから、

正に夢を叶えた人、大いなる夢の中で生きている人なんですね。

学生時代から仲間とバンドをやって、ここまで続けられた人はいるのでしょうか?

人を思いやる心がないと出来るものでは決してないと思います。

 

そんな夢のバンドは彼女を幸せにしましたね。

だからこそ若返るんですね!!

 

そういえば、桑田佳祐さんも昔の荒くれ者の顔より、いい顔になっている気が

するのは私だけでしょうか!?

 

原坊の歌で「鎌倉物語」という歌がありますが、正に美歌で鎌倉の紫陽花を

想い出します。あの歌で鎌倉に行きたくなる人も多くいると思います。

 

歌では印象的、ただ余り前には出てこない。決してトークが巧い訳でもないけど

必ず必要な人。こんな位置づけでしょうか!!

それが彼女の最大の魅力なんでしょうね。素晴らしいと思います。

 

結局あの美しさは、原坊の心根から出てきているものだと、ずっと気づいて

いましたが、それが事実なんでしょうね。

 

心の美しさがそのまま顔に出ている人物だと分かりました。

今後もどんどん良い曲を作り歌ってほしいと思います。

 

頑張れサザンオールスターズ、頑張れ原坊!!

いつまでも応援しております!!

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です